ABOUT US10to1について

LEADER & ADVISERS代表 & 顧問

代表社員

前田 直樹

まえだ なおき
  • ■税理士
  • ■中小企業診断士
  • ■1級建設業経理事務士
  • ■マイナンバー実務検定1級
前田 直樹 前田 直樹
前田 直樹
代表社員

前田 直樹

まえだ なおき
  • ■税理士
  • ■中小企業診断士
  • ■1級建設業経理事務士
  • ■マイナンバー実務検定1級
自己紹介・主な経歴
2003年、前田直樹税理士事務所を開業。同年には中小企業診断士試験に合格。2009年に改組した「テントゥーワン税理士法人」を基軸とする「テントゥーワングループ」の代表として、複数の税理士及び税理士試験(科目)合格者、そして多彩な専門家とともに現在を歩む。
グループの全メンバーととともに多角的・複層的な価値創造に取り組むとともに、徹底的に数字にこだわることでの「クライアントの利」を追求。その結果は、77.3%を誇る税務調査の申告是認率(税務調査において修正申告すべき点がない割合:全国類推30%未満)などに見ることができる。

・タナベ経営FCCレビュー
・TACNEWS WEB 日本の会計人(外部サイト)
ひとこと
税理士事務所の開設から約20年。これまで数々の素晴らしいチャンスに恵まれ、チャレンジを重ね成長を続けてまいりました。

税理士業務では、約15年前、タナベ経営からのご紹介により、事業承継の問題を解消するための組織再編成にチャレンジ、以降、多くの組織再編成の事案に関与。
そして、約10年前、大手企業を売り手、中堅企業を買い手とする大規模なM&Aにチャレンジ、これを契機にノウハウを蓄積、現在も数多くのM&Aの事案に関わっております。

中小企業診断士業務では、約20年前、初の帝国データバンク契約コンサルタントとして数多くの経営革新計画へとチャレンジ、知的資産経営報告書の作成を支援する専門家のパイオニアとして中堅・中小企業の「魅せる化」に取り組むことで多くの支援事例を重ね、数字にあらわれない、又は数字にあらわせないクライアント企業の「真の強み」と向き合ってまいりました。

このように、目の前にめぐる数々の成長のチャンスと常に正面から向き合い、クライアントへの新たな価値提供の源泉となる「時代の求め」をいち早く「弊社の強み」に昇華させる取り組みを繰り返してきた過去が、現在から未来へと続く私たちの原動力そのものです。

勿論、これらは過去の取り組みの一コマに過ぎません。テントゥーワングループは今、コロナ禍という時代の大きな変化を経て加速する電子化やDXにも対応し、そして「クライアントの利」に繋がる新たな支援の柱の組成にチャレンジ、社内で活躍する複数のシステムエンジニアとともに、新しい「一手」を模索しています。

時代が求める「最良の一手」を打ち続け、更なる「強み」を求め続ける。そして、時代の「二歩先」を歩み続ける。私たちはこれからも、価値観を同じくする仲間とともに、チャンスとチャレンジのスパイラルを経て「クライアントの利」を追求し続けます。
顧問

灘野 正規

なだの まさき
  • ■税理士
  • ■元国税庁課税部法人課税課長
  • ■元札幌国税局長
灘野 正規
顧問

灘野 正規

なだの まさき
  • ■税理士
  • ■元国税庁課税部法人課税課長
  • ■元札幌国税局長
自己紹介・主な経歴
1980年に広島国税局採用。
彦根税務署長、大阪国税局課税第二部法人課税課長、国税庁課税部法人課税課長、国税庁長官官房首席国税庁監察官、札幌国税局長などを歴任し、2020年に灘野正規税理士事務所を開設。
税務調査の指揮監督、税務争訟事案対応をはじめ、財務省主税局での税制の企画・立案のほか、国税庁及び国税局勤務により培った幅広い知識・経験を活かし、多面的な視点からの提言・提案も行っている。
著書
  • ・税制改正の解説(平成19年度、20年度、21年度、22年度)
  • ・「法人税の決算調整と申告の手引」
  • ・「減価償却実務問答集」
  • ・「源泉所得税の実務」
  • ・「源泉所得税取扱いの手引」
  • ・「消費税の取扱いと申告の手引」
  • ・「一目でわかる消費税簡易課税の事業区分」
  • ・「消費税実務問答集」
  • ・「相続税・贈与税取扱いの手引」
  • ・「印紙税ハンドブック」
  • ・「Q&A印紙税の実務」 ほか
顧問

鈴木 智仁

すずき ともひと
  • ■弁護士
  • ■元高松国税不服審判所国税審判官
  • ■元大阪国税不服審判所国税審判官
鈴木 智仁
顧問

鈴木 智仁

すずき ともひと
  • ■弁護士
  • ■元高松国税不服審判所国税審判官
  • ■元大阪国税不服審判所国税審判官
自己紹介・主な経歴
2008年弁護士登録。
2013年4月からの約3年間、高松国税不服審判所及び大阪国税不服審判所に国税審判官として出向し、相続税、所得税、法人税を中心とする各種国税の事件処理に関与。
2016年7月に中之島中央法律事務所の弁護士業務に復帰して以降は、企業法務の他、国税審判官としての経験を活かし、税務事件に関する争訟の代理、税務申告前のご相談、国税局・税務署との交渉にも対応し、近時は特に株価・不動産鑑定が絡む事案への対応、上場支援、M&A支援、監査役の立場からの企業支援、さらには遺産分割事件への対応等にも注力している。
主な取り扱い分野
  • ・企業法務全般
  • ・労働事件使用者側、人事労務に関する相談への対応
  • ・税務事件、税務に関する相談への対応
  • ・株価鑑定、不動産鑑定が絡む事件、相談への対応
  • ・M&A支援、上場支援、監査役としての企業支援
  • ・遺産分割事件、相続に関する相談への対応

MEMBERSメンバー

SCROLL

close
テントゥーワングループ2020年採用ページ